ミシンの話

 ミシンを2台使っています。

1台目は靴用の電子モーターのポストミシン。

私が靴づくりを始めた頃から使っています。
もうかれこれ10年位?
本体は中古でしたが、モーターと台座は新品にしてもらったモノです。
返し縫いのレバーは付いていませんが、自動給油機能が付いているミシン。
その時に入荷したモノを頂く感じ購入しました。

教室の皆には超低速で、使ってもらっていますけれども
本当はもっとスピードが出るんですよ〜。
たまには、高速で使ってあげないとミシンには良くないんですよね。
メンテの度にミシン屋さんに言われてしまいます。
中学生以来使っていなかった人でも、縫うのが楽しくなるミシンです。

そしてもう1台。

GW中に祖母から譲り受けた、昭和40年代のSINGERの足踏みミシン。
祖母が仕事で使っていたモノです。
革ベルトを交換したら、普通に使えました。

子供の頃に洋服や手提げを色々と作ってもっていたミシンです。

小学生の時に使ってみたコトがあるのですが、
踏み込みのタイミングが合わずに逆走していて、
手でベルトを回転させて使っていた記憶があります。

しかし、使ってみたら〜コツをつかむと楽しい。
注文のベビーシューズのおまけの袋を縫うのに大活躍です。
(以前は靴用のミシンで苦労して作っていました。)

おまけ。
これはミシンではありません。
革を漉く機械です。

中古品だったのですが、新品は緑色なので
この黒いのが、とても気に入っているんです。



at 01:17, morisakishoes, 道具

-, -, -